お客様より、お尋ねの多いケースをお答え致します。
【ケース1】
建設業許可の取得の有無を訪問業者に尋ねると「請負契約が500万円以内は建設業の許可は不要でいりません」との回答ですが大丈夫ですか?

《お答えします^^》
確かに請負契約金額が500万円以内であれば建設業の許可は不要ですが、お客様の大切な財産である住宅や店舗、不動産等を工事させて頂く以上、建設施工業者のモラルとして、最低不可欠な許可だと思います。

【ケース2】
名刺先の住所を訪ねて行きましたが、倉庫や自宅事務所で不安を感じたのですが。

《お答えします^^》
多いですねぇ〜 この様なお尋ねは、お客様よりよく聞きます。出来れば、業務体制が出来ている業者を。仕事内容と業務体制は共に比例すると思います。

【ケース3】
以前、施工業者に塗装工事をお願い致しましたが、隣の家の外壁を傷つけてしまいトラブルになりました。業者の対応も遅く、近隣関係が気まずい関係になりました。この様な他の方の財産を損傷させたケースでの業者側は賠償保険は加入しているのでしょうか?

《お答えします^^》
もちろんですが、保険等は加入しています。他社も大半は、加入していると思います。工事の際、施工業者に尋ねてみて下さい。もし加入していない業者であれば絶対お辞め下さい。

【ケース4】
個人塗装事業者でリフォームや増改築営業をしている業者を友人より紹介され見積り等を依頼しましたが、無登録、無許可で営業していると分かり断ったら態度が変わり怖い思いをしました。見た目は、普通の感じの良い人でしたが・・・・・

《お答えします^^》
個人事業者が駄目だとは言いませんが、会社の中身を見るのも業者選びの1つでも有ります。会社内容をはじめ、加盟店、保険、保障、その他、いろいろ有ると思いますが、お客様が信頼安心出来る業者が一番だと思います。当社も頑張ります。